日本最大級のドローンイベント「Japan Drone 2016」にドローンビジネスの今を感じに行ったら、単純にPhantom 4が欲しくなって帰ってきました

2016/03/25

日本最大級のドローンイベント「Drone Japan 2016」に行ってきました。折角なので感じたことをツラツラと書いてみます。

デジタル好きな人は行ってみたほうがいいと思いますよ。

お、日本の大手企業、頑張ってる

結構、ドローンってDJIさんとか中国が強かったり、あとはドイツやサンフランシスコの印象ですよね。

友人と話しても「日本のメーカーはやらないの?」みたいな話をしていたわけです。

それが会場ではNTTさんから日立システムズさん、富士通さん、リコーさんなどなど大手メーカーさんのなんとも立派な産業用ドローンが並んでいて嬉しくなりました。

わたしが世間知らずだっただけでした。

ちなみに、やっぱり日本メーカーは、ホビーではなく保守点検から農薬散布などの業務用の世界なんですね。

インフォテリアもホビーではなく、業務用途でドローンで何かできないかと思っているので同じ(というのも変ですが)と思いました。

お、ソフトウェア会社さんもいるぞ。しかも、知ってる

ソリトンさんとかVCUBEさんとか普通にお話ししたことあるソフトウェア系もいたのが軽い驚きでした。

もう少し知らないソフトウェア会社さんがいるかなーとも思ってたんですが、モバイルビジネスなところでお付き合いのある会社さんがでていたので、なんとな面白く感じましたね。

もちろん、画像解析・構造解析とかの会社さんももいらっしゃいました。おもしろいですね、こういう技術。

とはいえ、ブースはやっぱりハードの会社さんが主体でした。

DJI Phantom 4 凄い。買う。これは絶対、買う。

人物自動追尾とか障害物回避とかスポーツモードとか字面では知ってたんですね。

で「へー。よさそうだなー」程度に思ってたんです。

でも、今日はデモをみたんですよ。すごかったです。

まず、2つの音波センサーによるGPSなしでのホバリング性能。ひっぱろうがぶったたこうが健気に同じ位置に戻るんです。

これならGPSが入りにくい谷とか室内で撮るのも凄く楽になりそう。

そもそも室内で固定カメラで撮影するようなコンテンツは、ドローンを飛ばして人物追尾モードで撮った方がよっぽど手軽かつカッコいい映像になりますよね。

あとは、スポーツモード。これは会場どよめいたですよ。

速いってカッコいいんですね。忘れてましたよ、そういう少年の心。

ドローンがですね、斜め45度に傾いてですね、最高75km/hで疾走するんですよ。しかも機敏にビュンビュン自由自在に空間を跳ね回ることもできるのです。

その疾走感、その躍動感!

もうカッコ良くて痺れました。感動しました。もう欲しくてたまりません。

今夜からサンフランシスコ出張なんですが、もうAmazonか何かでポチるつもりですよ、私は。

幕張いいなあ

最後にどうでもいいんですが、幕張メッセって小学生の頃以来なんですが、大きいし結構綺麗でいいなあと思いました。

街も、人は少なく、静かで、なんとなく薄暗いような印象で、言って見れば、失敗した御台場みたいな感じで、なんとなく落ち着きます。

大きなイオンもあるし、駅前ビルにも百均入ってるなど庶民的なのも千葉県民の心をくすぐります。

なんといっても、今のわたしの家からたった4駅だし。もっと幕張に来よう! と思いました。

おすすめ資料

VR時代到来!360度コンテンツの可能性と展望

VR時代到来!360度コンテンツの可能性と展望
− ビジネスシーン別の活用例と360度カメラ比較情報をご紹介

VRの代表格360度画像・動画は、導入しやすい価格帯の撮影機材も登場するなど敷居が低くなり、様々なビジネスシーンでの活用が期待されています。

本資料では360度画像・動画のビジネス活用方法や実事例をご紹介致します。

無料ダウンロード

新着記事

カテゴリ