お客様ログイン
ホーム > 活用シーン > 建設現場の情報共有ならタブレット+Handbook
今年もシェアNo.1導入実績1,000件以上!

メリット

メリット1
持ち歩く多量な資料をタブレットに集約
移動の多い建設現場で多量な資料を持ち歩き、参照するのはたいへんな苦労です。タブレットならば、多量な資料も1台に収まり、カテゴリ毎のグルーピングや関連資料のとりまとめなど見やすく配置可能です。
メリット1
更新や配信が中央制御で複数現場でも一括更新
複数の現場、事務所にまたがる資料でも、中央から一括でミス無く追加/更新を管理できるため、これまでの配送作業、差し替え作業が不要になります。
メリット3
図面や詳細イメージもタブレットならではのUIで見やすく
画面操作で細かな図面も拡大/縮小でき、見易さも向上します。
メリット4
現場状況をコメント・写真入りで本社にフィードバック
HandbookのPDFメモ機能で、既存資料上にコメントや写真の貼り付けも自由自在。簡易的な報告書ならHandbookだけで簡単に作成できます。

モバイルコンテンツ管理システム「Handbook」とは

図面や詳細イメージなど膨大な資料をサーバーで一元管理をして、タブレット端末で閲覧できるようにするサービスです。

iPad・タブレット導入のメリット

紙資料持ち歩きの煩雑さを排除

当日の作業に必要な資料をとりまとめ持ち歩くなど下準備無しで、現場に必要な資料をまとめて持参できます。

紙資料の摩耗・汚れを
防水・防塵タブレットで解消

防水・防塵タブレットや防水ケース利用で、紙資料のような摩耗や汚れ・浸潤による資料の不可読も防止できます。

PC操作不要な情報持ち歩きを
軽量コンパクトなタブレットで

電子資料の参照のためだけに大きなPCを持ち歩く必要はありません。タブレットなら、軽量コンパクトでも見易さはPC以上です。

図面の拡大・縮小など
タブレットならではのUIで見やすく快適に

画面操作で図面の拡大/縮小も思いのまま。紙資料ではできない資料の見やすさを実現します。

「タブレット+Handbook」で建設現場の生産性が向上!

資料の更新・配信制御を
中央で一括管理

ファイル共有だけでは実現できない、中央からのコントロールされた図面・資料の配信制御を実現します。

有効期限設定で
期限切れ資料の誤参照を排除

期限付きの資料や日時制御が必要な資料も管理者側で設定・制御できるため、期限切れ資料や期限前資料の誤参照も排除します。

細かな閲覧制限でセキュリティ対策

職制や社外秘資料など細かな閲覧権限設定でセキュリティ対策も万全です。

閲覧履歴により
参照状況・伝達状況を中央管理

参照ログにより更新資料や新規伝達事項の閲覧状況も管理者側で把握できます。

オフライン参照で
電波の届かない場所でも利用可能

ダウンロード許可を与えた資料ならばオフラインで参照でき、電波状況の悪い現場でも資料の閲覧が可能です。

お客様の声

建設現場利用竹中工務店 様

竹中工務店

建築関連の技術書類を、いつでも「その場」で確認

事務所に戻る手間を省き、打ち合わせや工事の進行を円滑化

国内スーパーゼネコンの1社である株式会社 竹中工務店。同社は、建築現場の生産性向上のため、社員にiPadを配布。同時に「Handbook」を導入し、社外秘のノウハウや施工基準などを記した技術書類をどこでも閲覧できる環境を整えた。

これにより、従来は一度持ち帰る必要のあった社外打ち合わせでの確認事項も、その場で解決できるようになり、業務の効率化を実現。また、協力会社の現場内での質問にも即座に対応でき、スムーズな工事の進行にも効果を発揮している。

    ポイント
  • 1社外秘の技術書類をHandbookでセキュアに配信。
    どこでも閲覧できる環境を実現
  • 2社外の打ち合わせでも、
    常に技術書類を確認しながら話し合うことが可能に
  • 3資材のカタログや研修資料など、
    今後はより多彩なコンテンツを登録し活用予定
“伝わる”情報共有を実現するスマホと「Handbook」活用のススメ