よくあるご質問

アクセスコードとは何ですか?


Handbookアプリでコンテンツを閲覧するために必要なパスワードのようなものです。
コンテンツ作成者がコンテンツのまとまりであるブックごとにアクセスコードを決めて設定します。アプリを使う閲覧者アカウントがそのアクセスコードを持つことで、アプリでコンテンツを見ることができるようになります。

ダウンロードとは何ですか?


HandbookアプリではHandbookサーバから読み込んだリアルタイムな配信コンテンツを表示しますが、ネットワークに接続しないときにもアプリで閲覧できるように、事前にアプリを使っている端末にダウンロードしてコンテンツを保存することができます。ダウンロードはブック単位で行います。

Handbookって何ですか?


Handbookは社内や学校でお使いの各種ファイルをそのままタブレットやスマートフォンで閲覧できるように配信するサービスです。

ウェブブラウザで操作する「Handbook Studio」というコンテンツの管理をするクラウドサービスと、iOS, Android, Windowsタブレット上で動作する「Handbookアプリ」というコンテンツ表示アプリで構成されています。


Handbook Studio:Webブラウザからの簡単な操作で、コンテンツの作成・ユーザへの配信設定を行うサーバソフトウェア。Handbookアプリ コンテンツ閲覧用アプリAppStore、Google Play、WindowsStoreよりダウンロード。iOS/Android/windows8端末で利用可能

Handbookのコンテンツって何ですか?

  • Handbookではすべてのコンテンツは「ブック」という単位で管理します
  • Handbookで情報を配信することは「ブックを編集する」ことになります

ブック構造の概念

ブック構造の概念

■ブック
複数の「チャプター」と「セクション」をまとめるコンテンツの入れ物です。「カテゴリー」を設定できます。

■チャプター
複数のセクションをまとめる見出しです。チャプターを利用しなくてもよく、セクションだけのブックも作成できます。

■セクション
コンテンツの実体です。以下2種類があります。
ファイルセクション:ファイルそのもの
リッチテキストセクション:ファイルの挿入が可能なリッチテキストによるセクション

Handbookでどんなコンテンツが作れますか?


Handbookのコンテンツの実体であるセクションには「ファイルセクション」と「テキストセクション」の2種類があります。

ファイルセクション
PDFファイルやオフィスファイル、画像や動画などをそのまま利用するセクションです。

テキストセクション
ワープロソフトやブログのように、色や大きさを変えた文書を書いたり、その中に画像や動画などのファイルを添付することができるセクションです。

ファイルセクションの作成画面 テキストセクションの作成画面

■通常のファイルをドラッグ&ドロップなどの方法でブックに登録したセクションです。

■通常のクラウド・ストレージのように利用できます。

■ブログのように、色やサイズなどを編集したページを作成できるセクションです。その中にファイルを添付できます。

■簡単なページで十分な場合、あるいはファイルセクションでは分類が不足する場合などに利用できます。


以下のファイルタイプが使用できます。
画像(gif,jpeg,png)
動画(m4v,mp4,mov)
オフィスファイル(pdf, PowerPoint,Excel,Word,Keynote,Pages,Numbers)
音声(MP3,WAV,AIFF,AAC)

タブレット、スマートフォンではどんなふうに見えますか?


タブレットやスマートフォンにダウンロードしたHandbookアプリを使って、簡単にコンテンツを閲覧することが可能です。

Handbookアプリ利用の流れ

Handbookアプリ利用の流れ

Handbookコンテンツを閲覧できる閲覧者を限定することはできますか?


Handbook Studioの閲覧者アカウント編集画面で、ブックに設定したアクセスコードを追加した閲覧者のみHandbookコンテンツを閲覧できます。アクセスコードが追加されていない閲覧者はブックが表示されません。


ブックとユーザのアクセス

管理者、編集者、閲覧者ができることって何ですか?


表のように役割が分かれています。
(編集者はアプリから閲覧できません。閲覧者はコンテンツを作成できません。)

  • Handbookには以下の4つのユーザーの種類が存在します
  • 集中管理を実施するために、コンテンツを管理するメンバーにのみ編集アカウントを発行し、モバイルデバイスで閲覧する人全てに閲覧者アカウントを発行します

アカウント種別 できること
組織管理編集者
(ゴールド)
・編集者、閲覧者などのアカウント管理
・CSVによる閲覧者アカウント管理
・管理者権限付与
・試験結果や操作記録などのダウンロード
・コンテンツの作成・編集(全て)
管理編集者
(シルバー)
・編集者、閲覧者などのアカウント管理
※他のユーザが作成した編集者は削除不可
・試験結果や操作記録などのダウンロード
・コンテンツの作成・編集(全て)
編集者 コンテンツの作成・編集
※ただし編集権限があるものに限る
閲覧者 モバイルデバイスでのコンテンツ利用

コンテンツはネット接続できない場所でも見られますか?


事前にネット接続した環境でコンテンツをダウンロードしておくと、ネット接続できない場所でそのダウンロードしたコンテンツを閲覧できます。動画などネット接続時の読み込みに時間がかかるコンテンツの閲覧にも便利です。


一般的な閲覧アプリ:ネット利用なし利用不可。Handbookならいつでもどこでも閲覧できる!ネット接続なし:利用可能

Handbookアプリのサポート対象のOSバージョンはいくつですか?


以下のURLにあるHandbookアプリの動作環境をご参照ください。
https://handbook.jp/features/spec/

Handbookで対応してるファイル形式は何ですか?


HandbookはPDF、MSオフィス(doc, docx, xls, xlsx, ppt, pptx)※1、iWorks(pages, numbers, keys)、画像(gif, jpeg, png)、 動画(m4v, mov, mp4)、 音声(wav, mp3, aiff, aac)とHTMLコンテンツ※2に対応しています。

※1 パスワード付きのOfficeファイルには対応しておりません。
※2 詳しくはHTMLコンテンツ機能のページを参考してください。

Handbookの管理者が退職した場合などHandbookアカウントの担当者を変えたい場合、ユーザ名を変更するにはどうすれば良いですか?


ユーザ名は変更することができませんが、アカウントに登録しているメールアドレスやパスワードはご契約ユーザーサイトで変更できます。