お客様ログイン
ホーム > ヘルプセンター > 【連載】使いこなそう! > 2015 3月 26
 
2015/03/26

必見!タブレット活用における絶対にやってはいけない”5つの落とし穴”とは?[Handbook News 2015.03.26]

【1】タブレット導入5つの落とし穴
普及期に入って見えてきた陥りがちな”失敗”と将来を見据えた”解決策”とは?

タブレット端末と周辺ソリューションの多様化/低価格化が進み、活用のためのベストプラクティスも明らかになりつつあります。

インフォテリアでは、2013年2月に「タブレット企業導入を成功させる5つのポイント」と題したホワイトペーパーを公開。「用途を明確に」、「スモールスタートで確信を」など導入の成功パターンをご紹介しましたが、タブレット活用が普及期にさしかかった今、新たな問題が見えてきました。

最新の本ホワイトペーパーでは、タブレットが”当たり前”となった状況で、一般的には正しく見えるが実際には陥りやすい「落とし穴」を抽出し、解決策を解説しています。

▼タブレット導入5つの落とし穴

~普及期に入って見えてきた陥りがちな”失敗”と将来を見据えた”解決策”とは?~
https://handbook.jp/whitepaper/wp_tablet_trap

▼関連ホワイトペーパー:タブレット企業導入を成功させる5つのポイント

https://handbook.jp/whitepaper/wp_introduction

【2】イベント出展レポート 「実践ソリューションフェア2015」出展レポートを公開中!
~ “モバイル3賢人”としてタブレット活用のノウハウを伝授 ~

2015年2月から3月にかけて、東京/大阪/名古屋の三都市で開催された大塚商会様主催の「実践ソリューションフェア2015」にて、インフォテリアは「モバイル3賢人」の1人としてゲスト登壇、事例をもとにタブレット活用のノウハウを解説いたしました。

ご来場者様のタブレット活用への関心が高く、三会場とも大盛況でした。好評を博した当日の講演の内容をお届けします!

▼「実践ソリューションフェア2015」イベントレポート

https://event.infoteria.com/jp/event/report/r150204/

▼関連ホワイトペーパー:

◎成功している企業の共通点から失敗しない導入方法を徹底解説!
~タブレット導入5つの落とし穴

https://handbook.jp/whitepaper/wp_tablet_trap

◎業種・職種を超えたタブレット活用! ~ Handbookソリューションガイド

https://handbook.jp/whitepaper/wp_solution_guide

【3】定期セミナーのご案内
~1人1台のiPadでHandbookを体験しよう!~ [2015/4/9,23:東京]
最新事例とスマートデバイスのビジネス活用紹介セミナー

★タブレット導入検討担当者様必見!★

iPadを使ったハンズオン形式で、Handbookの機能とビジネスシーンに合わせた事例や活用方法などをご紹介いたします。Handbook教え隊が分かりやすくご説明しますので、タブレットのご利用が初めての方でもお気軽にご参加ください。

《開催概要》
開催日 2015年4月9日(木)、4月23日(木) 14:30~17:00(受付開始 14:15~)
会 場 インフォテリア 2Fセミナールーム(東京・大井町)
定 員 15名

▼詳細・お申込<無料>はこちら
https://event.infoteria.com/jp/event/ehandbook3/

【4】関連イベント&メディア掲載情報
「Handbook」関連のイベント情報、メディア掲載情報をお届けします!

イベント:講演

▼大塚商会 実践ソリューションフェア2015 九州会場 [2015/4/21・福岡]
http://www.otsuka-shokai.co.jp/event/jsf/kyushu/

モバイル3賢人の1人として、タブレット活用の”落とし穴”について解説いたします。大盛況だった東京/大阪/名古屋会場に続いて、九州会場(福岡)にも登壇します!

《インフォテリア登壇 セッション》  10:10~11:10
「事例から読み解く!タブレット活用における絶対にやってはいけない“5つの落とし穴”」

メディア掲載

▼タブレット有効活用:成功のポイントは分析にあり
http://www.keyman.or.jp/pd/10026474/
「タブレットを導入したが使いこなせていない、効果を出せていない」
 ― 導入効果を引き出すためのポイントの一つが「分析」です。

タブレット利用を促進するためには、電子化されたコンテンツの活用が有効です。さらに、効果を引き出すためにコンテンツのログを分析することがいかに重要か、具体的な効果、活用例をもとにご紹介します。

メールマガジン バックナンバー