お客様ログイン
ホーム > 導入事例> 関西エアポートエージェンシー

関西エアポートエージェンシー、関空免税店のインバウンド(訪日観光客)対応にタブレットを活用

販売員が肩がけストラップで携帯するiPad miniで多言語コンテンツを活用

  • 言葉が通じず
    商品案内が難しいと
    商機を逃していた
  • 免税関係など
    説明事項が多く
    時間がかかる
  • 説明事項の時間は
    レジ混雑の
    1つの原因に
免税店販売スタッフが肩がけストラップで携帯するiPad miniに
多言語コンテンツを配布
  • お客様にすぐに見せられる
  • 商品案内、免税関係の説明事項を配布
  • 販売員が迷わず使える操作性
  • 複雑な事項にはチャート型の指差会話
  • 商品紹介にはタップ操作の指差会話
  • 売場のどこでも参照が可能
  • 言葉の壁を超え
    商品案内できるため
    商機を逃しにくくなった
  • 売場での説明が可能になり
    顧客対応の迅速化や
    レジの混雑緩和が期待できる
セールス現場改革最新動向セミナー 講演資料

Handbook導入事例集
‐ あらゆるビジネスシーンでのタブレット活用の成功事例を1冊に!

Handbookとタブレットを導入し、効果を上げている29件の成功事例を1冊の導入事例集にまとめました。野村證券様や日本食研ホールディングス様など、多様な大手企業がそれぞれ効果を上げているのには理由があります。様々なシーンでのタブレット活用における課題や、タブレット導入後に得られたメリットを導入担当者の声を交えながらご紹介します。

資料ダウンロード