お客様ログイン
ホーム > 導入事例> 鴻池組

鴻池組、
経営会議等のペーパーレス化で
年間200時間の工数を削減

会議をスマート&スムーズに運営し、働き方改革を実現

鴻池組は、2021年に創業150周年を迎える。「誠実、懇切、敏速」の社是三則を基とし、「魅力ある企業づくり」を進めていくことで、お客様にはより一層信頼される企業、従業員にとっては今まで以上に安心して働ける、働き甲斐のある企業となることを目指している。

同社では経営会議等の実施にあたり、長時間の準備作業や急な差し替え対応などが課題となっていたため、ペーパーレス化を目的に「Handbook」を導入。会議資料の印刷や製本、配付、差し替えなどの作業工数を大幅に節減、総労働時間を減らし健康に働くための「働き方改革」への取り組みにもにつながっている。

課題・目的

  • 最大200ページに及ぶ会議資料の印刷、製本、差し替えなどの業務が負担となり、担当者の休日出勤や残業増加の原因となっていた
  • 業務効率改善のため、紙の無駄、担当者の過負荷、共有の複合機の専有などの解決が求められていた

選定のポイント

  • 資料のアップロードや差し替えなどの管理が直感的に行える
  • シンプルな操作性で資料閲覧ができるので、短期間での利用定着が期待できる
  • 会議ごとに閲覧ユーザー管理が的確に行える

効果

  • 経営会議をはじめ13種類の会議をペーパーレス化し、紙の削減と約200時間(年間)の準備時間を削減
  • 資料を安全に配付・閲覧でき、また会議中の差し替えや追加にも対応、スムーズな会議運営を実現
鴻池組
鴻池組:Handbook利用イメージ

経営企画部と情報システム部門による管理の元、経営会議をはじめ、働き方改革会議、技術検討会など、13種類の会議がペーパーレス化されている。プロジェクトの説明、原価管理、試算表、設計図など、多種・大量の会議資料が取り扱われている。

ユーザーのひと言

鴻池組

経営会議のペーパーレス化から始まったHandbookの活用は、管理側の工数を削減しただけでなく、安全・安心・確実に資料を共有できること、そしてシンプルな操作性が好評です。経営層から活用を始めたことで社内でのペーパーレス会議への理解が順調に進み、今後は各拠点での会議にも適用を進める予定です。さらに会議だけでなく、人事部門における採用プロセスでの資料共有にも展開したいと考えています。

株式会社鴻池組
本社 経営戦略本部 経営企画部 部長 匹田 隆治 氏(ひきだ りゅうじ)

導入事例集

Handbook導入事例集
‐ あらゆるビジネスシーンでのタブレット活用の成功事例をご紹介!

Handbookとタブレットを導入し、効果を上げている39件の成功事例を導入事例集にまとめました。野村證券様や日本食研ホールディングス様など、多様な大手企業がそれぞれ効果を上げているのには理由があります。様々なシーンでのタブレット活用における課題や、タブレット導入後に得られたメリットを導入担当者の声を交えながらご紹介します。

資料ダウンロード