お客様ログイン
ホーム > 導入事例> フォレストリーヴズ熊本、活動自粛期間中でも Handbookでチームの繋がりを強化
フォレストリーヴズ熊本:ロゴ

株式会社プロス
フォレストリーヴズ熊本
活動自粛期間中でも
Handbookでチームの繋がりを強化

動画共有で対戦相手の分析・研究を徹底

フォレストリーヴズ熊本

フォレストリーヴズ熊本とは、バレーボールの発信地として、熊本に「バレーボールの森」を作りたいという思いと、「杜の都」熊本をかけて『フォレスト』。ファン・選手・バレーボールを愛する全ての人を一枚一枚の葉と見立て、それが集まったのが『リーヴズ』。誰からも愛される地域に根付いたチームを目指している。

同チームでは新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受けて、4月からチーム活動を自粛。活動ができないなか、Handbookで練習や試合の動画を共有し、一人一人が対戦相手の分析・研究を行ったり、勉強会を開くなど、チームの繋がりを強化している。

フォレストリーヴズ熊本

Handbook利用イメージ

フォレストリーヴズ熊本
フォレストリーヴズ熊本
フォレストリーヴズ熊本
フォレストリーヴズ熊本

試合動画、練習動画、対戦成績、チーム情報などを掲載している。Handbookの活用により、チームメンバーの勉強はもちろん、新しい選手にもチームの歴史や試合の内容が伝達できている。

監督・選手のひと言

フォレストリーヴズ熊本

自粛期間中、チームとして集まり活動が行えない中で、ハンドブックを活用し、チーム全員で活動することができ、その中で選手たちのイメージ力や理解力がとても向上したと思います。今後の練習の中でも、映像等を使い技術の向上や、試合等ではデータ等での活用を取り組んでいきたいと思います。

監督: 中島 裕二様

フォレストリーヴズ熊本

今までの試合を見返すなど、選手一人一人が集中して対策することができ、チームでバレーボールができない期間でも繋がることができました。

キャプテン: 川口 美久様

フォレストリーヴズ熊本

チームの歴史を学び、勉強会をすることができた。相手チームの対策や自分たちの反省などを、今まではチーム全員で行っていましたが、一人でも勉強できる環境ができ活用しています。

選手: 河合 桃香様

この事例について問い合わせる
導入事例集

Handbook導入事例集
‐ あらゆるビジネスシーンでのタブレット活用の成功事例をご紹介!

Handbookとタブレットを導入し、効果を上げている50件以上の成功事例を導入事例集にまとめました。野村證券様や東京地下鉄様など、多様な大手企業がそれぞれ効果を上げているのには理由があります。様々なシーンでのタブレット活用における課題や、タブレット導入後に得られたメリットを導入担当者の声を交えながらご紹介します。

資料ダウンロード