お客様ログイン
ホーム > 導入事例> 大阪国際会議場

大阪国際会議場、会議専用システムからのリプレースで、会議運営を効率化

操作性が向上、複雑だった操作がシンプルになり、本来の会議に集中

大阪国際会議場は、大阪の都心「中之島」に立地。各種会議・コンサート・展示会等、多目的に活用できる施設として、国籍を問わず多くの人々に親しんでいただける交流の場として、使いやすさに重点をおいた質の高いサービスを提供している。

同社では、会議運営の効率化に取り組み、紙コスト削減のため、ペーパーレス会議を実施。実施当初は会議専用システムを利用していたが、より効率的な会議運営を目指し、操作性がシンプルで使いやすいHandbookを採用している。

課題・目的

  • 従来、使用していた会議専用システムは閲覧時の操作性が悪く、会議が中断するなどの課題を抱えていた
  • 1ファイルごとのアップロードや、複雑な登録操作など、資料準備に多大な時間がかかっていた

選定のポイント

  • 2 in1 PCでもタブレットと同じようなタッチ操作が違和感なく行え、操作の習得が容易であった
  • ドラック&ドロップ主体のシンプルな操作で、資料の登録が直感的に利用できる点が評価された

効果

  • 資料閲覧の操作性が良くなり、会議が中断せず、集中して臨むことが可能になった
  • 以前の会議専用システムの課題だった準備時間が短縮され、会議運営が効率化された
大阪国際会議場
大阪国際会議場:Handbook利用イメージ

経営会議、常務会、業務会議など月に5回ほどペーパーレス会議を実施。紙コストの削減だけでなく、資料のファイリングや保管場所が不要となった。2 in 1 PCでWindows 10版アプリを利用し、安定的に会議を運営している。

ユーザーのひと言

大阪国際会議場

会議専用システムからのリプレースで、Handbookを活用した会議運用を開始し、準備工程や時間が削減され、会議運営が効率化しています。また、コンテンツ管理の特性を活かし、会議利用だけでなく、プロジェクトメンバーが共有する色見本や議事録にも活用しています。将来的には、営業シーンでの利用など、さらに活用の幅を広げることを検討しています。

株式会社大阪国際会議場
営業部 企画課長 松尾 浩伸 氏(まつお ひろのぶ)

導入事例集

Handbook導入事例集
‐ あらゆるビジネスシーンでのタブレット活用の成功事例をご紹介!

Handbookとタブレットを導入し、効果を上げている39件の成功事例を導入事例集にまとめました。野村證券様や日本食研ホールディングス様など、多様な大手企業がそれぞれ効果を上げているのには理由があります。様々なシーンでのタブレット活用における課題や、タブレット導入後に得られたメリットを導入担当者の声を交えながらご紹介します。

資料ダウンロード