お客様ログイン
ホーム > 導入事例> 森久保薬品

森久保薬品、2-in-1 PCを全営業員へ配布、商機を逃さない即時対応を実現

膨大な商品データの一元管理で顧客への回答がスピードUP!
営業活動が効率化

森久保薬品株式会社は、関東甲一円をネットワークとし、動物用医薬品の取り扱い高で全国トップクラスの実績を誇る。 同社では、全営業員150名に「Windows 10」搭載の2-in-1 PCを配布し、膨大な取扱商品データの電子化や教育用動画などを登録。お客様からの質問に即時回答が可能になり、営業活動の効率化を実現している。

課題・目的

  • 「営業員のモバイル活用」を目的に営業支援システムなど様々な情報収集をしていた
  • 取扱商品は3万点を超え、カタログなど紙資料の管理負担や顧客の問合せ対応に工数がかかっていた

選定のポイント

  • 他システムよりも、操作性が良く、運営者・利用者ともに負担のない利用が可能であった
  • マルチデバイス対応のため、端末選定に左右されずスムーズに利用することができた

効果

  • タブレット用途で電子カタログ活用、PC用途ではメール対応や提案資料の作成と、必要な業務の併用を実現
  • 最新情報が一括管理され、現場での迅速な対応が他社との差別化に繋がった
森久保薬品:タブレット
Handbook利用イメージ

200社以上のメーカーの薬品やフード、サプリ、医療機器、消耗品など、取り扱い商品は多岐にわたる。日々、新しいカタログ情報や欠品情報などが届くため、更新は毎日行われている。閲覧ログ機能を活用しログイン数や人気コンテンツランキングを定期的に確認している。

ユーザーのひと言

森久保薬品

当初はiPad利用も検討しましたが、データ入力の効率化も考慮し2-in-1 PCの導入に至りました。並行して検討をしていたHandbookはマルチデバイス対応のため、問題なく導入を進めることができました。今後は、教育用途で利用するなど、営業支援ツールとしてさらなる活用を考えています。

森久保薬品株式会社
営業本部
鈴木 登志夫 氏(すずき としお)

Windows 10時代のコンテンツ管理

Windows 10時代のコンテンツ管理
‐ PCからもタブレットからも効率的にアクセスできる運用とは?

コンテンツ管理の観点からオンラインストレージを含むファイルサーバーとグループウェア、そしてコンテンツ管理ソリューションの違いを紹介し、さらに「働き方改革」により広まるテレワークやモバイルワークでのコンテンツ管理の重要性を解説します。

資料ダウンロード