お客様ログイン
ホーム > 導入事例> 橋本総業

橋本総業、会議資料をHandbookで配信
管理職にiPadを配布し積極活用

橋本総業株式会社は明治23年創業、現在は管工機材、住設機器、空調機器をメーカーから販売店などに提供しています。大正時代には早くも通信販売に着手するなど、常に時代の先端を歩む住宅設備機器類の専門商社です。2010年からiPad120台を課長以上の管理職全員に配布しビジネスに積極的に活用するようになりました。支店長会議や部長会など様々な会議にHandbookをご利用いただいています。橋本総業株式会社 取締役 管理副本部長 伊藤 光太郎氏にお話をお伺いしました。

iPadを導入されたきっかけを教えてください。

毎年全国各地で展示即売会「みらい市」を開催しており、2010年9月に東京で開催したときにはiPadを30台導入し、お客様へのプレゼンツールとして使いました。まだ珍しいこともあり、iPadを手にしているとお客様が立ち止まってくれました。お客様が直に画面を触って操作できるので関心を高めることができ、プレゼンツールとして強力だということがわかりました。

加えて今やクラウドの時代です。社内外へのデータ配信にHandbookを使い、iPadからアクセスするようになりました。今では管理職を中心に120名がiPadを保有しています。社内の資料閲覧やお客様へのプレゼンツールなどHandbookを含め、9つのアプリでiPadを活用しています。

Handbookをどのようにご利用いただいていますか?

本社から一括してデータ配信するものにHandbookを利用しています。大きく分けて3種類あり、まず会議資料や実績など社内向け資料、それから業界ニュースや製品チラシなど社外向け資料、あと動画です。ユーザーに分かりやすいようにアイコンで色分けしています。社内向け情報は取り扱い注意なので赤、お客様に見せても安全な社外向け情報は青、動画はダウンロードに時間がかかるので注意ということで黄です。取り扱いのレベルが直感的に分かります。


ユーザーが識別できるようコンテンツ毎に色分けしている

会議でのHandbookご利用について、もう少し詳しく教えてください。

Handbookは会議の資料配布ツールとして役立っています。例えば週次の支店長会議。全国28拠点の支店長はテレビ電話を前に、iPadから会議資料を開いています。Handbook導入前は会議前にレジュメのみメールで配布していましたが、今ではレジュメや資料をHandbookで作成してサーバーにアップロードしておきます。資料の追加リクエストがあれば会議の場でサーバー側を更新します。実際、会議中に「あの資料が見たい」というリクエストは多いのです。Handbookにより資料の追加リクエストにすぐ応えられるようになり、会議の資料配布が質・量ともに向上しました。それでいて会議資料の登録作業など、Handbookの運用管理は3名で行っており、少ない労力で運営できています。


橋本総業株式会社
取締役 管理副本部長 伊藤 光太郎 氏(右)
情報部 IT営業チーム 丸田 美桜 氏(左)

Handbookをご活用いただいている理由をお聞かせください。

データの一括配信に有効です。従来のメール配信ですと、送り先が多数になると不便ですし、修正があれば再送信が必要になります。Handbookならサーバー側を更新するだけで済みます。またユーザーごとにアクセスできるコンテンツを制御できるので、例えばこのコンテンツは「役職者のみ閲覧可能」と設定できるところがセキュリティ対策としていいですね。会議資料が増えてもペーパーレスなので環境にもいいです。あと、あるバージョンからPDFを開くスピードが格段に上がったのは驚きました。他のアプリより断然早いです。ファイルがすぐ開くのはいいですね。お客様をお待たせすることがありません。


動画やチラシなど様々なコンテンツをHandbookで配信している

今後の展開についてお聞かせください。

今後は社内での活用以外にも、社外への展開も考えています。弊社の製品を取り扱うお客様でもiPad/Handbook活用したチラシやカタログ配信をご利用いただけるよう、ご提案していこうと考えています。

経営者からはよく「一次卸として何ができるか考えなさい」と言われています。設備商品の流通とサービスを通じて快適な暮らしを追求することを理念に掲げつつも、手段は時代の変化に合わせて柔軟に変えていくのが大事です。また弊社の良さはサッカーの日本代表チームのようにチームプレーにあります。社員それぞれの力を強め、より連携ができるようにこれからも技術を活用してきたいと考えています。

本事例紹介のPDFダウンロードはこちらからどうぞ。

橋本総業株式会社
取締役 管理副本部長
伊藤 光太郎 氏
橋本総業株式会社
本部所在地: 〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町9-9
会社概要: 管工機材や住宅設備機器や空調機器などを取り扱う専門商社で、全国を拠点に営業しています。 また、流通にも力を入れており、お客様のニーズを満たす優れた商品とサービスを提供しています。
従業員数: 666名(2014年1月31日現在)
U R L: http://www.hat.co.jp/
セールス現場改革最新動向セミナー 講演資料

Handbook導入事例集
‐ あらゆるビジネスシーンでのタブレット活用の成功事例を1冊に!

Handbookとタブレットを導入し、効果を上げている29件の成功事例を1冊の導入事例集にまとめました。野村證券様や日本食研ホールディングス様など、多様な大手企業がそれぞれ効果を上げているのには理由があります。様々なシーンでのタブレット活用における課題や、タブレット導入後に得られたメリットを導入担当者の声を交えながらご紹介します。

資料ダウンロード