お客様ログイン
ホーム > 導入事例> ATグループ

ATグループ、ペーパーレス推進により
環境に配慮した経営を実現

社内会議におけるHandbookの全社利用を推進、
年間約3万6千枚の紙コスト、準備工数を削減

ATグループは、日本で初めてトヨタ車の販売店として誕生して以来、愛知県のクルマ文化の発展に尽くしている。各事業会社がそれぞれの事業に専念することにより、業務の効率化と最適化を図ることができる体制を実現し、安定した経営・売上を維持していくことを目指していく。

同社では、ペーパーレス会議を実施することで、「業務効率化」「コストカット」「環境配慮」の同時実現に取り組んでおり、そのツールとしてHandbookを活用している。

課題・目的

  • 会議実施の頻度が多く、運営事務局の資料準備工数削減に課題を抱えていた
  • 会社単体、グループ企業合同など会議体が多く、ペーパーレス会議実施による紙コストの削減に取り組んでいた

選定のポイント

  • 会議専用システムなど複数製品を比較。会議参加者は年齢層が幅広いため、閲覧者・管理者いずれもシンプルに操作できることが評価された
  • 他社製品に比べて、ランニングコストを抑えることができたため、導入の決め手となった

効果

  • 大多数の会議でHandbookが活用され、会議直前まで修正可能になるなど、事務局の作業が効率化
  • 月平均3千枚の資料印刷が不要となり、年間約3万6千枚の紙コストを削減。環境に配慮した経営を実現している
ATグループ
ATグループ:Handbook利用イメージ

40名規模から数名規模まで全17種の会議・MTGが実施されており、タブレット端末を支給されている社員は会議でのHandbook活用が定着している。グループ企業合同の会議では、事務局担当者が資料登録や閲覧権限設定、閲覧アカウント管理などを一括管理している。

ユーザーのひと言

ATグループ

導入時は特定の会議で利用していましたが、現在は社内会議、グループ企業合同会議も含め大多数の会議でHandbookが活用されています。グループ企業内でも好評で、導入の展開も進んでいます。今後は、カンファレスやシナリオプレイ機能の利用を検討しており、他部門での活用も推進したいと考えております。

株式会社ATグループ
戦略企画部
専任課長 小山 嘉明 氏(こやま よしあき)
課長 五藤 善巳 氏(ごとう よしみ)
担当課長 平林 健二 氏(ひらばやし けんじ)

導入事例集

Handbook導入事例集
‐ あらゆるビジネスシーンでのタブレット活用の成功事例をご紹介!

Handbookとタブレットを導入し、効果を上げている39件の成功事例を導入事例集にまとめました。野村證券様や日本食研ホールディングス様など、多様な大手企業がそれぞれ効果を上げているのには理由があります。様々なシーンでのタブレット活用における課題や、タブレット導入後に得られたメリットを導入担当者の声を交えながらご紹介します。

資料ダウンロード